スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[WS]ロボティクスノーツ 踏み倒し軸

ビビオペ発売直前にして、WS熱が高いです。
なので、関係ないけどロボティクスノーツのデッキレシピを公開したいと思います。

レベル3
4 瀬乃宮 あき穂
2 神代 フラウ
1 大徳 淳和
1 愛理

レベル2
3 秘密の共有 フラウ(チェンジ⇒神代 フラウ)

レベル1
3 大好物の差し入れ あき穂
4 夏祭り 愛理
3 ゲジ姉(助太刀)

レベル0
4 おさんぽ 愛理
4 ライフはゼロ フラウ
3 不安げな眼差し 淳和
3 ”空の下の相関図”愛理
3 高校時代のみさ希

イベント
4 居る夫。

クライマックス
4 ガンヴァレルを輝かせるために(扉)
4 ホワイト・クリスマス・イヴ(本)




ロボティクスノーツの強い動きに特化してみたデッキです。
レベル2から「神代 フラウ」や「瀬乃宮 あき穂」を早出しして、相手盤面の崩壊を狙います。
レベル2の後列は色々と試した結果、あまりにも出す機会が少なかったので抜くことにしました。
早出ししたレベル3を守るのに助太刀を構えるくらいはしますが、それを突破されたら諦めます。仕方ないです。
レベル1は相手ターンのパワーが高いです。助太刀を構えられればなかなか割られなくなります。

「高校時代のみさ希」を使えば、色とコストを踏み倒して登場させることが可能です。
コストの踏み倒しを利用すれば、あき穂をマシンガンのように何度も何度も登場させられます。
フラウの早出しに使うのも良いでしょう。重いチェンジが1コスト軽くなるだけでだいぶ変わります。
色の踏み倒しは主にレベル3あき穂を出すときに使います。というか、なかなか黄色が発生しなくて困ります。
また、デッキに緑ピン差しの「大徳 淳和」を出すときにも使用。普通のデッキには真似できない芸当です。
終盤は手札に0コストのキャラがあれば上書きしながら連続してみさ希の効果を使うことができるため、
意識して手札に多くのコスト0キャラを残しておくことが重要になります。
基本的に、後列の2面は集中の愛理と踏み倒しのみさ希で埋めることが多いでしょう。
このあたりも、レベル2後列が入らなかった原因ではあります。

「居る夫。」について、私はロボティクスノーツにおける凶カードの一角だと思います。
当初は青の経験要員としてレベル2のキャラを積んでいたのですが、殆ど活躍することがありませんでした。
逆に補助として積んでいた「居る夫。」があまりにも便利で、気が付いたら4枚積んで安定するに至りました。
初手に「居る夫。」があればクロックに埋めるのが安定で、レベル1で必要な経験2を稼ぎだしてくれます。
レベル2以降は普通に使用して、主たる目的として手札にクライマックスを引き込むのに使います。
トップを公開してキャラクターであれば、コスト0で3ドロー2ディスカードという破格の手札交換が可能。
クライマックスであれば手札が1枚減りますが、目的であるクライマックスは手札に引き込めます。
イベントつまり「居る夫。」であれば、手札こそ減りますが次の「居る夫。」を打つことができます。
つまり、「居る夫。」はどのカードがヒットしてもあまり困らないのです。
さらに、山札を削れば「瀬乃宮 あき穂」の早出しを助けることにもつながります。
コスト0のキャラを手札に引き込みつつ、あまりの要コストキャラを手札から捨てることができます。
リフレッシュ直前に、手札に引き込み過ぎたクライマックスを一括して処理することもできます。
ぶっちゃけ「居る夫。」は、いつ引いても困らない究極の万能カードだと考えています。

現在、私が一番好んでフリーで回しているデッキがこれになります。
みさ希による踏み倒しのマシンガン的な動き自体が面白いということもありますし、
最終的に全色のレベル3が同じ盤面に並んだりといった見た目の華もあります。
その分きれいに回すのが難しいのですが、そこまで含めてプレイングの楽しさを感じています。
レアリティの高さには目を瞑っておいてくださいw

[WS]レベル2大量アローン軸

先日と同じく、代理カードで組んでみたビビオペのアローン軸です。
ひどい構築になっていますが、これでも結構まわります。そして強いです。

レベル3
4 一色 あかね
3 黒騎 れい
3 二葉 あおい


レベル2
4 謎の存在 アローン
2 並行世界の少女 れい
2 明るくまっすぐ あかね
3 初めての戦い あおい(3000助太刀)

レベル1
4 人類に訪れた災厄 アローン

レベル0
4 そっけない応答 れい
4 紫条 悠里

イベント
10 羽型のあざ

クライマックス
4 さよならは言わない(扉)
4 ネイキッドインパクト(本)



「謎の存在アローン」はパワー10000ですが、普通に手札から出すとデメリットがあります。
しかし「羽型のあざ」を使うと、デメリットを回避したうえでパワーが永続的に1000上がります。
「羽型のあざ」の効果は重複するため、複数回使うとその分だけパワーが上がり続けるというのもポイント。
レベル2に上がった瞬間にあざを3回使い、13000という超パワーの壁を一気に3面展開しましょう。
ちなみに、やられたアローンはイベントを使うとパワーが上がりつつ戻ってきます。理不尽です。

「羽型のあざ」はデッキに10枚まで入れて良いため、動きを安定させるためにも限界まで投入。
しかし、これだけ高レベルのカードを積むと低レベルの枠が犠牲になってしまいます。
実際に、このデッキはレベル2以上が30枚入っていますが、レベル1以下は12枚しか入っていません。
普通なら明らかに事故を起こす割合ですが、それを軽減するためのカードを2種類積んであります。

1枚目は「そっけない応答 れい」です。
登場時に「羽型のあざ」を手札から捨てることで、控え室から《謎》のキャラを手札に加えることができます。
回収対象としてアローンはもちろん、れい自身を回収することも可能です。
「そっけない応答 れい」を回収すれば、手札にイベントがある限りループして登場することも狙えます。
エンドカードとなる「黒騎 れい」や「並行世界の少女 れい」も回収可能であるため、終盤でも腐りません。
手札の羽型のあざはレベル2まで大切に取っておくのがよいでしょう。

2枚目は「紫条 悠里」です。
リバースした時にデッキトップを公開し、それがレベル2以上だったら手札にただで戻ってきます。
ただで、です。
普通のデッキなら成功率はよくて2割程度でしょうが、このデッキなら6割もの確率で成功します。
理不尽なくらいに戻ってきますので、運が良ければこのカードだけで戦線を構築できてしまいます。
紫条が何回手札に戻ってきたかが、このデッキの命運に掛かっているといっても過言ではありません。

れいと紫条が居ればそれなりにアタッカーは用意できるので、手札に来たCXはどんどん撃ってしまいましょう。
レベル1まででパワーの高いカードが来たら、災厄アローンで倒していくこともできます。
どうせプレイできないカードが大半なうえに、後列も入っていないため意外と手札はもつのです。
毎ターン前列を展開してアタックし続け、レベル2までにストックを6枚以上ためられるようにします。
レベル2以降はパワーで負けることが殆どないため、手札も余り始めることになるでしょう。

改造案として、安定性を求めるならレベル0やレベル1を増やすことが挙げられます。
というか、現在この構築が過剰にやりすぎであるという感じは否めません。
しかし、「羽型のあざ」はデッキコンセプトである上にほとんど余らないため、減らす必要はないでしょう。

なにやら冗談みたいなデッキ構築になっており、なんだかんだで事故を起こすことも多々あります。
しかし、使ってみると意外とどうにかなるうえに、レベル2以降に超パワーで圧倒していく様は壮観です。
ビビオペが発売したら、みなさんもぜひアローン軸を組んでみてください。

[WS]ビビオペ凡例ドッキング軸

LV3
3 一色 あかね
2 ビビッドレッド

LV2
2 あかねとドッキング! れい
2 明るくまっすぐ あかね
3 ビビッドブルー

LV1
3 いつでもポジティブ あかね
3 あおいとドッキング! あかね
3 水着のあおい
3 テント形態 あかね

LV0
4 天真爛漫 あかね
2 独りぼっちのれい
4 真実の告白 あおい
3 しっかりもの もも
2 勝気な少女 わかば

EV
3 つながる心

CX
4 さよならは言わない
4 ビビッドパンチ



レベル1⇒レベル2のドッキングと、レベル2⇒レベル3のドッキングを両方積んでみました。
ドッキングのコストは重いとか安定しないとかいう人もいますが、コツを掴むと結構決まります。
レベル0から積極的に3パンしていき、レベル1までにストックを4枚以上ためるのが目標です。
あかねの絆であおいを回収、つながる心でその2枚をレストして回収、そのままドッキングが黄金パターン。
一時的に手札が減りますが、ビビッドブルーが生き残れば徐々に手札を稼ぎ出してくれます。
後列が貧弱な気もしますが、ドッキングで早出しを決めれば助太刀の優秀さもありあまり気になりません。

集中持ちを含めたレベル0の構成は要検討でしょう。
できることなら連打可能な集中を積みたいところで、今後の公開カードに期待。
色を改めて見返してみると青の枚数が予想以上に少なかったので、レベル0でケアをしておきたいところ。
また、安定性をとるならドッキングの片方か両方を切ることになるのでしょうが、
そうするとビビオペの強みがなくなりそうな気がするのが怖いところです。

ドッキングを行うためストックを稼ぐ都合上、相当なビートデッキに仕上がっていると思います。
試合のテンポを握り続けて、そのまま押し切ることを心がけるとよいでしょう。

テーマ : ヴァイスシュヴァルツ
ジャンル : ゲーム

2012年度後期対応・灼眼のシャナ「銀の炎」イベント軸デッキ

みなさん、こんにちは。
夏休み満喫中(ただしバイト三昧の為疲労困憊中)のⅤです。

いよいよヴァイスシュヴァルツの制限カードが改訂されて、今後の環境の激変が予想されます。
いわゆる3強と呼ばれた超電磁砲、《宇宙人》、ルイズの3デッキはもちろんのこと、テンプレが組みにくくなるアイマスや、パワーカードに制限の入ったディスガイアなど、無視できるレベルではなくなっています。
そして、今回の制限改訂ではノータッチだった、魔法少女まどか☆マギカ。
更に新規に追加が来るシャナやABやFateなども、環境に台頭してくる可能性は高いです。

というわけで、今回の更新では2012年度後期を見据えた、灼眼のシャナのデッキレシピを紹介したいと思います。

LV3キャラ 7枚
3 悠二と歩む道 シャナ
3 神威召喚 ヘカテー
1 シャナ&悠二

LV2キャラ 2枚
2 幾万の願いの結晶 ヘカテー

LV1キャラ 13枚
3 この刃に懸けて シャナ
3 "フレイムヘイズ"ヴィルヘルミナ
2 守るべきもの シャナ
2 贄殿遮那の担い手 シャナ
2 "頂きの座"ヘカテー
1 変わったトーチ 悠二

LV0キャラ 12枚
4 からっぽの存在 ヘカテー
4 ″彩飄″フィレス
4 メロンパン大好き シャナ

イベント 8枚
2 アラス・トオル
2 清秋祭はじまる
4 銀の炎

CX 8枚
4 ぶつかる想い
4 想いの力

続きを読む

テーマ : ヴァイスシュヴァルツ
ジャンル : ゲーム

【WS】「アイドルマスター」キャラクター単デッキの可能性~その1~

おや?こんなところに更新の止まったブログがあるぞ。
一体だれのブログだよ…はい、自分のでした。
皆さんお久しぶりです、2か月以上もサボっていたⅤです。

今回の記事はヴァンガード…ではなく、ヴァイスシュヴァルツの考察記事となっています。
ヴァンガードの記事をお楽しみの方、申し訳ありません。いずれデッキの案が完成したら復帰しますorz

さて今回のテーマは、アニメ版TDも発売され再び盛り上がりを見せているWS「アイドルマスター」について、
キャラクター単独デッキを組んだ時の可能性について考察してみたいと思います。

ヴァイスシュヴァルツは既存の版権キャラクターを舞台に並べ、活躍させるTCGです。
ともすれば、自分のお気に入りのキャラクターを活躍させたくなるのは、当然のことであると言えます。
ワタクシⅤはニコニコ動画においてボールスPとしても活動しており(ということにしてください)、「アイドルマスター」がお気に入りの作品の一つでもあります。
アニメの放映で更に人気の加速したアイドルマスターは、WSにおいても人気タイトルの一角となっております。
というわけで、各アイドルのデッキがいかなるものか、考察してみようと考えるに至ったわけです。
長くなりそうなので、複数回に渡って解説を入れていこうと思います。



続きを読む

テーマ : ヴァイスシュヴァルツ
ジャンル : ゲーム

プロフィール

The Ⅴ

Author:The Ⅴ
大学院1年生です。
趣味はTCGやらTVゲームやら。
TCGは
・ヴァイスシュヴァルツ
・Z/X -ゼクス-
・ChaosTCG
・ヴァンガード

とかをやっています
Twitter始めました

ニコニコ動画では「ボールスP」
として活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。