スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尽きないコスト、エンドレスリアガード!「インビン騎士王 スペリオルコール」

気がついたら、「この記事は1ヶ月以上更新されていない…」の記事が表示されてしまいました。
やらかしてしまった事実に後悔と反省をしつつ、急いで記事を書いておりますⅤです。
ネタはあれども、まとめられず。精進します… orz

さて、まずは宣伝から。
私が参加しておりますヴァンガードSNSにおいて、このたびオフ会が開催されることになりました。
ペイジさんが主催する11/3(祝)東京都足立公民館オフ、詳細はこちら↓
http://vanguard.sns.fc2.com/exec/community/event/view/9633/
多くの企画を考えていらっしゃるようで、4弾発売直後をめいいっぱい楽しみたいと思っています。
ぜひぜひブログをご覧の皆様も、日程などが合いましたらご参加くださいませ。

続きまして、メインとなるデッキの紹介をば。
やはり、最近は単クランの構築が増えているようですね。
そうしたほうが強いというのもありますし、実際に公式でも単クラン構成を推している雰囲気があります。
何よりクラン混成だと完全ガードが使えなくなるのが厳しく、現在のクリティカル環境が完全に逆風です。
まあ、そんな中でも私はクラン混成で組み続けるのですけども。マイノリティってかっこいい
今回紹介するのは、クラン混成のデッキです。トリガーは単クランなので、そこまで回しにくくはないはず。

「インビン騎士王 連続スペリオルコール」

グレード3 9枚
4 Mr.インビンシブル
4 騎士王 アルフレッド
1 ソウルセイバー・ドラゴン

グレード2 12枚
2 沈黙の騎士 ギャラティン
4 ハイドックブリーダー アカネ
4 試練の騎士 ガラハッド
2 ギガンテック・ドーザー

グレード1 12枚
4 探求の騎士 ガラハッド
1 ぽーんがる
2 ドグー・メカニック
2 ぼーるがる
2 みるびる
1 ライオンメイン・スタリオン

グレード0 17枚
1(FV)どらんがる
4(☆)幸運の運び手 エポナ
4(☆)アラバスター・オウル
4(引)まあるがる
4(治)世界樹の巫女 エレイン

グレード0は無難なクリティカル×8体制。
引トリガーのまあるがるは、いろんな場面で役に立つ良カードです。
ぼーるがるやドーザーの効果発動の最後のひと押しとして使ったり、ファイナルターンではアカネや騎士王で読んでくることで瞬間的な3000ブーストとしても使えます。優秀なカードですね。

グレード1は、1枚2枚の積み方が多い異質な構成になっています。
それもそのはず、後列用のグレード1はアカネや騎士王で出すつもりなので、手札には必要ないのです。
ぶっちゃけ、ライド用のガラハッドが1枚だけがあれば、それ以上がいらないというわけ。
アカネや騎士王では、状況に応じて必要なハイビーストを持ってくることができます。
序盤のパワーが必要な場面ではぽーんがる、中盤以降のソウルがたまった状態ではぼーるがる、
騎士王がコールできたならライオンメイン、そして何よりヴァンガードのインビンシブル後列のみるびる。
ピン刺しでも、サーチしてくれば問題なしです。対応力を優先させてみました。
ただし、ライオンメインのブーストで殴る順番には注意してください。
ライオンメインはSBを使ってしまうため、ぼーるがるなどの効果発動を妨げてしまうことが多々あります。
そのため、ライオンメインは最後にブーストするなどの工夫をした運用を心がけましょう。

グレード2もスペリオルコール専門の構成に。
グレード1のハイビーストを、必要に応じて持ってこれるアカネの有用性は言わずもがな。
騎士王では序盤でギャラティン、中盤以降でドーザーをスペリオルコール。
G2のガラハッドは、ライド事故軽減用に入れています。ライドできたらラッキー程度に。

そしてグレード3…ここで相手はビビります。
今まで《ロイヤルパラディン》のデッキだと思っていたら、突然インビンシブルにライドしてくるのですから!
そして何故かリアガードに呼び出される騎士王、そして次々と出てくる《ロイヤルパラディン》たち。
SCで回復していくコストを用いて、アカネや騎士王が効果を使いまくります。
気がつくと手札の枚数が大変なことになり、かつ高パワーを出してくるデッキに相手は絶望する…
そして1積みのSSDが、なんとも絶妙なアクセントとして仕上がっています。
手札にキープしておいて、ファイナルターンにご使用くださいませ。

要するに、騎士王のスペリオルコール効果はリアガード時でも使えるということに着目したデッキなわけですね。
もちろん、リアガード時の騎士王はブーストできるため、ライオンメインの効果も問題なく使用できます。
普通はコストの重さから連発が難しい効果ですが、インビンシブルのコスト回復と合わせると…大変なことに。
基本的には、1コスト軽く使えるアカネの方を優先して使って行きます。
6コストあったら、騎士王とアカネで使用回数に1回の差が出るわけですからね。節約していかないと。
後列は基本的にスペリオルコールで出すので、手札にキープする必要がありません。
そのため、序盤でもガードに使って行きましょう。効果発動できる最低限のダメージは受ける必要がありますが…
Vインビンシブルの後ろは、基本的にさっさとみるびるを置くようにしてください。
そうしないと、手札にG3が余り続けることになります。このデッキに便利な完全ガードは入っていません。
しかし、手札の温存力は高いので耐久型のデッキとして動くことができます。
特に終盤は、トリガー以外のカードをサーチしていることもあり、デッキの圧縮率が結構高めになります。
粘れば粘るほど、有利になる低速型のデッキであると言えますね。

ちなみに、うっかり騎士王にライドしてしまっても、ほとんど《ロイヤルパラディン》なので割と戦えます。
その場合はインビンシブルが完全にお荷物になりますが…まあ何とかしてください。
ちなみにコストをほとんど使わないまま数ターンが経過すると、何故かソウル8枚たまってしまうことがあります。
その時は、容赦なくヘルスタンドを決めてあげてください。相手は死にます
スポンサーサイト

テーマ : カードファイト!! ヴァンガード
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして、いつもロム専の私ですがこのデッキは凄い面白そうなので思い切ってコメント
正直、組んでみたい、と思いました
なんというか凄く面白そうです

私も混色編成好きなんですが
トリオファイトとかの単色限定というのがちょっと残念だなーと

これまた斬新な…

でもこういうのもいいですね

No title

凡人には思いつかないような、逸脱したデッキですねwww

スゴク面白そうです!自分も、作ってみたいですわ

No title

>apuaさん
混成クランは単クランの中の高々40種程度のカードよりも、
遥かに広いプールを使って組めることが何よりも魅力だと思います。
公式の単クラン推しは逆風ですが、更にプールが広がることで革新的なデッキができることを期待しています。

>SLDさん
実はこのデッキ、4ヶ月ほど前にツイッター上でTLを流れていたある方の呟きから着想を得た物です。
ハイビーストのプールも広がり安定して組めるようになったところで形にしてみたら、
意外と普通に強かったので記事にしてみました。
今でも原案の方には感謝しております。

>キムーナクさん
私も基本的には凡人です(笑)
ただ、誰も考え付かないようなことをしたらおもしろいだろうなーということを目標に、
デッキを考えていると偶に面白いデッキが出来上がります。
目指せ(変な)デッキビルダー!ですね。
プロフィール

The Ⅴ

Author:The Ⅴ
大学院1年生です。
趣味はTCGやらTVゲームやら。
TCGは
・ヴァイスシュヴァルツ
・Z/X -ゼクス-
・ChaosTCG
・ヴァンガード

とかをやっています
Twitter始めました

ニコニコ動画では「ボールスP」
として活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。