スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決めろスペリオルライド!「ツクヨミ軸オラクル凡例」

7月の頭にブログを書いたと思ったら、気がつくと7月の終わりだった。何を言ってるか(ry Ⅴです。
アレだね、一番忙しい時期は乗り切りました。もう何も怖くない!
(大学のテスト期間に入った事実からは逃避中…)

さてさて、3弾発売も間近に迫りケロケロAの誌面でも新カードが概ね公開されました。
パロミーはロイパを若干強化、ボールス様の生きる道はクラン混成デッキか…などと考えております。
そんな中で注目のカードと言えば、やはり彼女たちでしょう。

「神鷹 一拍子」 R
「三日月の女神 ツクヨミ」C
「半月の女神 ツクヨミ」RRR
「満月の女神 ツクヨミ」RRR/SP


あまりの高レアリティに絶望した!

そりゃー満月RRRは覚悟してたけどさー、半月までRRRは勘弁してくださいよー(泣
これはブシロードからの挑戦でしょうか?
《オラクルシンクタンク》クラン特性:値段が高い
でもホイホイ4枚ずつ集めちゃいそうで怖いです、ホントヤバい。

何故かって?そりゃもちろん使ってみて、むっちゃ強かったからですよ
決まらないかと思っていたツクヨミセットも、使ってみると案外決まる。
これから新しいデッキタイプの旋風が巻き起こると考え、早速デッキを作ってみました。

決めろスペリオルライド「ツクヨミ軸オラクル凡例」
グレード3 7枚
4 満月の女神 ツクヨミ
3 CEO アマテラス

グレード2 11枚
4 半月の女神 ツクヨミ
4 サイレント・トム
3 オラクルガーディアン ワイズマン

グレード1 15枚
4 三日月の女神 ツクヨミ
4 オラクルガーディアン ジェミニ
4 バトルシスター しょこら
3 ラック・バード

グレード0 17枚
1 神鷹 一拍子
4 (☆)サイキック・バード
4 (☆)オラクルガーディアン ニケ
4 (醒)E・アラーマー
4 (治)ロゼンジ・メイガス

使い方などは後で追記しておきます…
7月31日 追記しました!

さて、まずはツクヨミの強さについて論じてみましょう。
ツクヨミの強さといったらまずは2点
1.意外と決まるツクヨミセット
2.CB2の手札アド強すぎ
と言ったところでしょう。

1.意外と決まるツクヨミセット
さて、ツクヨミを使う上で気をつけたいことが一つあります。
それは、スペリオルライドに頼り過ぎないことです。
確かにスペリオルライドを決めるとライド分の手札が浮くことになり、序盤ではわりと大きなアドが出ます。
ですが、満月の女神ツクヨミはセットが揃っていないとパワーダウンしてしまう上に、半月の女神もソウルに三日月&神鷹がいないとソウルチャージを行うことができません。つまり、スペリオルに頼り切っていると効果発動に失敗した瞬間セットが決まらなくなり、大幅な戦力ダウンとなってしまいます
アニメでもミサキさんが使っていましたが、ツクヨミはスペリオルライドではなくてもノーマルライドで充分効果を発揮します。むしろ安定性を狙うなら、ノーマルライドで行った方が無難であると言えるでしょう。スペリオルは決まったらラッキーと考えて、始めのマリガンで手札に揃えに行った方が良さそうです。
そんな風に意識を持ってプレイしていると…案外決まりますよ、ツクヨミセット。

2.CB2の手札アド強すぎ
さて、ヴァンガードにおける手札アドはどの程度の強さがあるのでしょうか?
手札はコールするユニットとして使えますし、シールドとして守りの場面でも使うことができます。
このように手札1枚1枚の重みが大きいため、手札を増やすという行為は意外と難しく作られています。
例えばメイデン・オブ・ライブラやRアポロンでは、CB2を支払ってやっと1ドローです。
それも”アタックがヒットしたら”と言う、相手依存の能力でもあります。(普通はガードされる)
ラック・バードやカットラスはSB2で若干緩めに1ドローですが、パワーは相当低めに設定されています。
ココは登場時CB2で2ドローと言う破格の性能を持ちますが、効果発動の条件がとても厳しいです。
ドロートリガーは他のトリガーに比べてシールド値が半分であり、多数積むとシールドが薄まってしまいます。
…とまあ、いかにヴァンガードにおけるドローが難しいかということが実感できたかと。
そんな中ツクヨミの効果はなんと、起動効果CB2で2ドローと書いてあります
1枚ソウルに送りますが、G3などのいらないカードを送れば問題なし。
ソウル6枚以上と言う条件も、半月まで完成していればあと1枚をソウルに送るだけで済みます。
サイキック・バードを使うもよし、レッドアイを使うもよし、再ライドするのもよし。
意外と、《オラクルシンクタンク》内でも手段はたくさんあります。
調整した手札で一気に攻勢をかけたり、アド差を利用して耐久に持ち込んだりと戦略の幅が広がりますね。

次に、このデッキレシピの解説をば。
第一に「お天気おねえさん みるく」を入れていないことについて。
このデッキでは手札4枚など造作もないことであり、Vの後列に置くことで10000ブーストが可能になります。
逆にみるくを採用しないと、現在の環境ではVがパワー不足であるという可能性も指摘されます。
ならば何故みるくを採用せず、さらにパワーの低いラックバードを採用しているのか?
答えはズバリ、
「そもそも話、Vの攻撃は通すか完全ガードで弾くかで安定だろ」
という現在の環境色の影響が大きいからです。
相手Vの攻撃に対して3ダメ以下なら通す安定、4ダメ以上なら完全ガードというのが基本な気がします。
Vの攻撃はツインドライブでパワーに振れ幅があり、ガードする際はその点も加味して多めにシールドを出す必要があるので、どうしても受けたくない攻撃なら完全ガードで弾けば安定して守ることができます。
それが10000要求でも15000要求でも、結局は完全ガードで弾くのが安定なのではないでしょうか?
特に《ロイヤルパラディン》同士の戦いでは、イゾルデが大きく活躍しています。
故に高火力を出すみるくよりも、確実にアドを稼げるラック・バードを採用してみました。
ソウルはツクヨミの起動効果で確実に増えますし、CBを使い切ったらツクヨミセットだけを残してSBのコストに使ってしまっても大丈夫です。低めのパワーも、満月ツクヨミの後ろなら全く問題なし。

第二に、「CEO アマテラス」の有用性について。
このデッキはツクヨミ軸になっていますが、一応3枚のアマテラスを投入してあります。
その理由は「もしツクヨミライドに失敗しても、そこからの盛り返しが可能であるため」です。
確かに満月ツクヨミは決まると強いですが、逆に決まらないとただの9000バニラです。
流石に9000ヴァンガードで戦うのは無謀ですので、その場合は極力アマテラスにライドします。
アマテラスなら普通に戦える一線級の能力を持っていますし、何よりも大切なのがソウルチャージです
例えば三日月ツクヨミが抜けてしまい、仕方なくアマテラスにライドしたとしましょう。
その後ソウルチャージを続けていると、うっかり三日月ツクヨミがソウルに入ってしまうかもしれません。
そうなったら次ターンは満月ツクヨミにライドして、さらにソウルも貯まって起動効果も狙えるでしょう。
また、半月までライドに成功して満月を引けなかったとしても、効果でソウルは大きくたまっています。
意外とアマテラスのS8D5も狙えてしまうかもしれない…というわけです。
とまあ、このようにアマテラスとツクヨミの相性は意外と悪くありません。
あくまでサブがアマテラスと言う位置づけですが、アマテラスを軸にしてもいいかもしれませんね。

最後に意外と見落としがちなのが、デッキボトムの操作について。
最速で満月ツクヨミまでライドを決めると、デッキの下には順番を並び替えたカードが15枚弱あるはずです。
この時の並び替えでは、できるだけトリガーを2枚固めて置くようにしてみましょう。
満月ツクヨミの効果を使っていると、かなり早いペースでボトム15枚にはたどり着けるはずです。
そこから先は…リアルPSYクオリアの世界です
アタックした時に、ツインドライブでめくるカードは分かっています。
そこをツクヨミやラック、サイキックなどの効果でチマチマと操作してみてください。
そうすると、狙ってトリガーのツインヒットが出るようになります
またはヒールトリガーの場所を把握しておき、ピンポイントでダメージを受けて回復するなんて芸当も
もうこうなってしまったら、相手は一方的にアドを削られるだけです。
こちらの山札切れも近いので、早々と決着を付けてしまうようにしましょう。


実際にツクヨミさんを使ってみると、その強さには驚かされます。
確かに現在の《オラクルシンクタンク》はアマテラス一強感がありますが、ツクヨミはそれに匹敵するほどの強さを秘めたカードであると言えるのではないでしょうか?
最後に、このデッキの欠点をひとつ。
レアリティが高すぎる…orz
スポンサーサイト

テーマ : カードファイト!! ヴァンガード
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

たしかにおもしろいですね

仮にトリガーが下に行きすぎたとしても
(例えば満月にライド前にトリガー五枚めくった)
…とかでもロゼンジ出して最悪どうにかなりますし

とにかく問題点としては………レアリティの高さ(-.-;)

No title

>SLDさん
デッキをシャッフルして、ということは意外と結構重要なファクターだったりします。
ガラハッド軸でも、シャッフル要素はやっぱり欲しいかなーと若干感じていたり。
事故ったときの対策と言うものも、考えておきたいものですね。

シングルの値段は…はて、どうなることやら…

No title

バトルシスターここあを抜いているのには理由があるのですか?
スペースが無かっただけでしょうか?

No title

>yukiさん
《オラクルシンクタンク》のG1は激戦区なので、色々と考慮した結果入りませんでした。
サイレント・トムも入っているため高パワーユニットを優先させ、
同じパワー6000なら完全ガードであるしょこらを優先…という結果になってます。
ここあを入れる場合もいいでしょうが、その場合はうまくパワー不足を補う必要がありそうです。
プロフィール

The Ⅴ

Author:The Ⅴ
大学院1年生です。
趣味はTCGやらTVゲームやら。
TCGは
・ヴァイスシュヴァルツ
・Z/X -ゼクス-
・ChaosTCG
・ヴァンガード

とかをやっています
Twitter始めました

ニコニコ動画では「ボールスP」
として活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。