スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイマス×ヴァンガードな動画作ってみました

みなさんこんにちは、ボールスPです。
…もとい、ニコニコ動画でアイマス動画Pデビューを果たしたⅤです。
アイドルマスター×ヴァンガード…という誰得?な動画を作ってしまいました。いや、俺得。

【アイマス】アイドル達がヴァンガード!!【ヴァンガード】




動画作成は今回が初めてで、技術的にも拙い動画となっておりますが、その点はご容赦ください。
これからはニコニコ動画でも「ボールスP」として頑張っていこうと思います。気が向きましたらご覧下さいませ。
注意)動画内のボールスP(イケメン)とⅤ(駄メガネ)は全く関係のない別人です!

…しかし、ここはヴァンガードを考察しているブログです。ただ動画の宣伝をするだけでは能がない。
というわけで、今回は自分で作った動画のファイトシーン考察という意味不明な行動に出てみたいと思います!
まず(自分の組んだデッキなのに)デッキ考察から。
使用デッキは私の考えるTD改造の理想形…という形で仕上げました。
春香のデッキはこちら。
G3 12枚
4 断罪の騎士 ボールス
4 紅蓮の蝶 ブリジッド
4 孤高の騎士 ガンスロッド

G2 9枚
4 ブラスター・ブレード
4 沈黙の騎士 ギャラティン
1 盟約の騎士 ランドルフ

G1 12枚
4 小さな賢者 マロン
4 スターライト・ユニコーン
4 ういんがる

G0 17枚
1 スターダスト・トランペッター
4 幸運の運び手 エポナ
4 武器商人 ゴヴァノン
4 ふろうがる
4 世界樹の巫女 エレイン

聖域の光剣士の改造となっています。容赦なくボールス4積み。
構築としては前に組んだブリジッドビートの思想を組み入れました。
ただし、ばーくがるセットを投入できないのでG2も多めに投入してあります。
ランドルフをあまり採用しないのは、手札消費の激しいヴァンガードで効果の安定性が低いから。
ガンスロッドを疑似ブラスターブレードと見て使用します。

続いてやよいのデッキはこちら。
G3 8枚
4 ドラゴニック・オーバーロード
4 ドラゴンモンク ゴクウ

G2 12枚
4 ドラゴンナイト ネハーレン
4 バーサーク・ドラゴン
4 ワイバーンストライク テージャス

G1 13枚
4 鎧の化身 バー
4 ドラゴンモンク ゴジョー
4 希望の火 エルモ
1 魔竜聖母 ジョカ

G0 17枚
1 リザードランナー アンドゥー
4 魔竜導師 ラクシャ
4 ドラゴンダンサー モニカ
4 リザードソルジャー ガンルー
4 ドラゴンモンク ゲンジョウ

ゴクウ4積みのためにTD4つ使用…さすがにやりすぎたか?
内容はごく普通のグッドスタッフ。偏った構築でもなく素直な動きをするでしょう。
ちなみにゴクウ×4以外はTD×2で成立するデッキなので、安価に組めるガチデッキとしてお勧めです。

そしてファイトシーンは3:34から始まります。
直後にやよいの手札交換が入りますが、グレード2を引くために3枚交換。
交換後の手札は後列用のエルモも手に入り、調子のいいスタートになったと言えますね。
ちなみに春香は既にG1~G3が手札に揃っていて、トリガー1枚を交換したという感じ。
そして直後にまたトリガーを引きなおしてしまった…という裏設定があります(笑)

その後は普通の展開が続いていき…見どころとなるのはG3になってから。
春香の3ターン目「紅蓮の蝶 ブリジッド」にライド。セリフはもちろんオリジナルです(笑)
ターン初めにデッキからブラスターブレードをサーチ。さすがガンスロッドさんはここが強いです。
更にマロンの前列にボールスをコール。これは対《かげろう》に対して有効なパワーラインになります。
やよいはまだグレード2で手札も充分でない状態。春香はそこに猛攻をしかけていきました。
実際にプレイする時も先攻側はこの「自分G3相手G2」が総攻撃の最大チャンスです。
相手はツインドライブを使えていないうえに、後攻ということを生かすため展開に手札を割いているでしょう。
その手札が少ないタイミングを狙うと、アタックがとても通りやすくなるのです!
やよいはブラスターブレードの攻撃こそ防ぐものの、続くブリジッドの攻撃を防ぐ余力がありません。
ドライブトリガーチェック、クリティカルトリガーでダメージ+1が入ってしまいました。
そしてボールスでアタック、パワー26000!(動画では21000と誤記されています。申し訳ありません)
もちろんやよいに防ぐ術はありません。これでダメージ4か…と思ったらヒールトリガー、これはラッキー。

返しのターン、ここでやよいの手札にはバーローとゴクウの2種類のG3がありました。
どちらにライドするかは迷いますが…ここでやよいはバーローにライドしています。
理由は相手が《ロイヤルパラディン》だから。
《ロイヤルパラディン》のパワーは現状最高で10000なので、防御力重視で11000のパワーを優先させています。
もちろん、相手の後列除去を狙ってゴクウライドも間違いではありません。私はそう考えたと言うだけの話です。
リアガードをそれぞれコールして攻撃に移ります。やよいはドライブチェックでスタンドトリガーをゲット。
そして…春香の手札にはもう1枚ブラスターブレードがある…という前提(というか設定)がミソです。
次のターンにブラスターブレード+ボールスのCBを使用するには3コスト欲しい…という心理が働きます。
もしやよいがスタンドトリガーを引かなければ諦めてガードしていたでしょう。
しかしコストを捻り出すために、最高効率でガードしながらも必要な分の攻撃を通すことを選択します。
実はここが勝負の分かれ目であったといえるでしょう。後の展開を見ればわかりますが、
春香はギリギリ合計シールド値が足りずに敗北してしまうのです。
ここでガードしておけば1ダメージ分のワンチャンがあったでしょうが…まあコレは結果論。
春香の選択がミスであったとまでは言えないでしょう。実際に私ならこうプレイングしています。

春香の第4ターン。先ほど貯めたコストを使用した上で手札も総動員して一気に攻勢をしかけます。
ブラスターブレードのCBでシールド値5000のネハーレンを退却させ、攻撃を通しやすくしました。
そしてその結果は…残念ながら攻めきれず。流石にダメージ3からでは無理がありました。
ですがやよいも結構危ない橋を渡っています。
なにせブリジッドの攻撃でクリティカルトリガーが出るとそのまま負けでしたから。
出たのがスタンドトリガーだったので、ギリギリ守りきれた…と言えるでしょう。
また、ライドしていたのがバーローであったということも幸いしています。
ボールスがスタンドした時にシールド5000でガードできるか否かは大きな差になるのです。

どうにか守りきったやよいの第4ターン、動画内でも言っているとおり後はありません。
ここでバーをドローしたのは本当に運が良かったと言わざるを得ません。
フル展開して総攻撃態勢を整えますが、その際に2種類のカウンターブラストを使用します。
バーサークの効果で相手のブラスターブレードを退却、確実にシールド値を削ります。
そしてバーローの起動効果、ここが一番の迷いどころでしょう。
起動効果を使うとパワーが5000上昇する代わりにツインドライブを失ってしまいます。
ここでやよいは確実にパワーが上げることを優先して効果起動をしました。
パワー+5000はトリガー1枚分と同値です。これでギリギリ通し切れると判断したのでしょう。
やよいには相手の手札としてふろうがるとボールスが透けています。この時点でシールド値10000。
見えない相手の手札は2枚ですが、相手の合計シールド値が20000以下なら削り切れます。
つまり、相手の見えない手札2枚でシールド値が10000あるかどうか…という勝負だったのです。
そのままやよいはダメージを通し切りフィニッシュ…となりました。

最後に、動画内のコメントでありました疑問やご指摘のいくつかにお答えしよう思います。

Q.春香が初対戦なのにガチプレイング過ぎね?
A.春香さんは努力家です。一生懸命に一人イメージで研鑽した結果、かなりのつわものになりました。

Q.やよいのデッキがお高いんじゃないでしょうか?
A.やよいの家は貧乏ですが、やよいの頑張りでそれなりに普通の生活ができてるという設定です。
 きっとお姉ちゃんの威厳ということで、ヴァンガードファイトにも本気を出してあげているのでしょう。

Q.Pがイケメンすぎる。
A.動画内のボールスPはイケメンです。Ⅴとはまったく関係ございません。

Q.正しくはブリジッ「ド」
A.仰るとおりです。申し訳ありません…orz

Q.バーローの起動効果使ってリアガードをアタックしないの?(その場合バーサークのCBは使わない)
A.そこも判断の差ですね。何度も言いますが、どちらが正しくどちらが間違いということではございません。
 実際にバーローの起動効果で殴っているとどうなっていたかというと…
 ・やよいゴクウでブリジッドにアタック、春香ダメージを受ける。
 ・やよいバーローでブラスターブレードにアタック、ふろうがるとギャラティンでガード。
 ・やよいバーサークでブリジッドでアタック、手札とリアガードのブラスターブレードでガード。
 …というようになります。やはり結果論ですね。

Q.ドロップ、パワー表示、心理描写が欲しい。
A.現在検討中です。画面の配置や動画の尺、技術の未熟さなどで都合で対応できない場合がございますが、
 出来る限り実現できるよう努力してまいります。

Q.ルール解説動画が欲しい。
A.実はただいま制作中でございます。
 タイトルは【アイマス】如月千早とルール解説【ヴァンガード】となる予定ですので、
 もしよろしかったらご覧くださいまし。
スポンサーサイト

テーマ : カードファイト!! ヴァンガード
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

動画、見させていただきました。
動画初挑戦にはまったく見えませんでしたよー。
テキストの表示が無かった為にルールを知らない方お断りになってしまっていたのと、カードプールの問題でキャラクターならではのデッキという訳にはいかなかったのが、少々残念な気がしました。
個人的には、やよいがハイビーストいっぱいのロイパラっぽいイメージでしたが…(汗)

ラストのプレイングにツッコミが入っているようですが、ベストなプレイングを考えるなら、ブラブレを撤退させてからボールスにアタックですかね。
インターセプトを無くしてから、ブリジッドに攻撃しても防がれるかもしれないのでまずボールスへのアタックでトリガーを引くかもしれない可能性を増やしておく…という感じで。
あとその部分への説明で持っているのはふろうがるとなっていますが、動画ではエレインになっていましたね。

次回も頑張ってくださいね。

Re: No title

>熊吉さん
動画ご視聴いただきありがとうございました!
初作成なりに頑張ってみました結果、あのような動画になりました。
まずご指摘の「ふろうがる」⇒「エレイン」ですが、仰る通りです。これは完全に私のミスでした。申し訳ないです。
ラストのプレイングについてですが、そこもご指摘の方法が最適解となります。この記事を書くにあたり見返してみた結果、私も途中で気づきました。もうちょっと追及しても良かったかもしれません。
デッキイメージですが、これは完全に私の個人的主観から作られております。
確かにこの2人だけだと春香⇒赤⇒《かげろう》、やよい⇒明るい⇒《ロイヤルパラディン》と言うイメージがあったのですが、この後ブースターのカードも加えた動画を作るにあたり春香⇒《ロイヤルパラディン》、千早⇒《かげろう》、やよい⇒《たちかぜ》…というイメージがあったので今回の様なクラン編成になりました。春香と千早はイメージカラー的に逆になっちゃいますけども(笑)

テキスト表示は第一に私の動画制作の未熟さと、あと画面構成と尺の都合から入れることができませんでした。
確かに、ヴァンガードのルールを知らない方にはかなり厳しい動画であることは自覚しております。
一応次回からパワー表示は入れるよう構成を考えております。テキストについてはまだ検討中です。
ルール解説の動画は記事でも申し上げた通りただいま制作中ですので、機会があったらご覧ください。
プロフィール

The Ⅴ

Author:The Ⅴ
大学院1年生です。
趣味はTCGやらTVゲームやら。
TCGは
・ヴァイスシュヴァルツ
・Z/X -ゼクス-
・ChaosTCG
・ヴァンガード

とかをやっています
Twitter始めました

ニコニコ動画では「ボールスP」
として活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。