スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動きのテンプレ化

こんな更新速度で大丈夫か?
>大丈夫だ問題ない
…とりあえず続けることを目標にしたいなーとか考えてるⅤです

今回は前回でも軽く触れていた動きのテンプレ化について考察してみようと思います。
思考しながらのプレイングもいいですが、最適解が定まっているなら意識せずにそれを実行できるのが理想でしょう。
そんな感じのヴァンガードにおける動き方の定石みたいなものをちょこっと考えてみました。
長くなりそうなので続きを読むからどうぞ


まずは自分のターンから

・スタンド&ドロー
ここを素早くチャチャっと決めるのがカッコイイですね。
今のところこのタイミングで発生する効果は判明していませんが、後々登場する可能性は十二分にありますのでそのようなカードが出てきたら忘れずに解決するようにしましょう。

・ライドフェイズ
もちろんグレード3までは毎ターンのライドが基本。
グレード2まではできる限りパワーの低いユニットにライドしたほうがいいでしょう。
返しのターンはパワーが同値でも2000低くてもどちらにせよアタックはヒットしますし、
どうせ次のターンにはライドして上書きされてしまいますからね。
もちろんそれでアタックがヒットしないほど低くなってはいけないので、そこは悪しからず。

・メインフェイズ
ここでの動きは効果の発動とリアガードの展開です。
効果の発動は忘れてしまいがちなので、意識してプレイしたほうがいいかと。
リアガードの展開についてですが、基本は前列にアタッカーをコールすること
ヴァンガードはアタックすることにより1枚ドローできるのでアタックするのは当然ですが、
リアガードもシールドを使わせたりダメージを与えることでアドを取ることができます。
なのでまずは前列のリアガードをコールすることを最優先としましょう。
次に後列のリアガードについて。これは微妙なところです。
後列は基本的に相手の攻撃を受け付けないので、コールしたらずっと存在し続けられます。
そしてアタックのたびにブーストをかけると、だいたいシールド1枚余分に使わせることができるのです。
アタックのたびというのがミソで、つまり早い段階にコールしておけば恒久的にアドを得ることができます。
…が、考えなしにコールしていいというものでもありません。
まず前列ユニットとのパワーバランスを考える必要があります。
相手のヴァンガードに攻撃がギリギリヒットor5000上回るといったパワーが理想的でしょう。
無駄にパワーを上げたり足りなかったりすると、後列の旨みが減ってしまいます。
また、特別な場合を除きヴァンガードよりもリアガードの後列に優先的にコールしていった方がいいです。
なぜなら、ヴァンガードの攻撃にはトリガーチェックがあり、相手からしたらあまりガードしたくない攻撃だからです。
(トリガーチェックの不確定要素で、シールドが無駄になる可能性があるため)
後列はあくまで手札を消費して間接的にアドを取りにいっているという発想を持ちましょう。
…あ、そうそう。手札に来たグレード3はお荷物なだけなのでさっさとコールしたほうがいいですね(笑)

・アタックフェイズ
いくぜアターック!
スタンドトリガーが入ってないなら:ヴァンガード⇒リアガード⇒リアガード
スタンドトリガーが入っているなら:リアガード⇒ヴァンガード⇒リアガード
スタンドトリガー16枚積であるなら:リアガード⇒リアガード⇒ヴァンガード
といった感じでしょうか。
クリティカルトリガーはパワー+5000とクリティカル+1を別々のユニットに乗せることができます。
スタンドトリガーも同様なので、ヴァンガードのアタックヒットが確定したら後続のリアガードに乗せましょう。

・エンドフェイズ
アタックフェイズが終了したら自動的にターン終了まで行きます。
相手に「どうぞ」と一言かけるのがスマートですね。


次に相手のターン

・アタックフェイズ
まず相手の手札のカウンティングについて。
相手の手札はドライブチェックの際にトリガーを確認することができます。
真剣勝負の場合でもさすがにそれのフルカウンティングは難しいですので、まぁ手札に入ったカードのシールド値を覚えておくくらいでよいかと。基本5000でトリガーの時10000(ドロー除く)みたいな。
ガーディアンのコールですが、ここは状況をしっかりと見極めて行うようにしましょう。
(以下は通常の場合について考察しています。特別なデッキやカードを使った場合は考慮しておりません)

1.手札にグレード3がいたら優先的にインターセプトを使う
前述の通りグレード3は手札にいても邪魔なだけです。さっさとコールしたいので、グレード2には退場してもらいましょう。

2.防ぎきれないなら、ガーディアンのコールは後回しにする
ダメージトリガーでパワー+5000がでるかもしれません。防ぎきれないことがわかったのなら、まずはダメージを先に受けた方がアド損を少なくできるということがままあります。

3.ドロートリガーのカードを優先的にガーディアンとしてコールする
だって手札にいてもあまり役に立ちませんし。

4.シールド値10000のカードは優先的に取っておく
1枚で+10000なので他のカードの2倍の効率を誇ります。
終盤で相手が総攻撃を仕掛けてきたときに、相手の予想以上のシールドを張り続けることで防ぎきる可能性が高くなります。一種のブラフとかプレッシャーみたいなもんですね。

5.とはいえさすがに5000のカードも残しておく
+5000で済むところを+10000でガードしたらアド損です。

6.基本的にヴァンガードの攻撃はガードしない(したくない)
トリガーチェックという不確定要素が入ってくるので、グレード0~2までのシングルチェックならまだしも、グレード3のアタックはトリガーが乗る前提で構えた方がいいでしょう。
かといって手札を1枚多めに消費してガードしていると、パワー+5000を別ユニットに乗せられて意味がなかったり、最悪トリガーのらなくて涙目ということもあります。
トリガーチェックを行わないリアガードの攻撃なら無駄なくガードしていくことができます。

7.返しのターンで勝負が決まると思ったら、手札全て消費する勢いでガードを
そりゃそうですよね。生き残ること優先で


さて、だいたいこんなもんでしょうか?
もっとも正規版も発売していないなかで回してみた結果得られたテンプレなので間違っている可能性大です。
ご指摘や質問、意見などございまいましたらお気軽にコメントください。
スポンサーサイト

テーマ : カードファイト!! ヴァンガード
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

The Ⅴ

Author:The Ⅴ
大学院1年生です。
趣味はTCGやらTVゲームやら。
TCGは
・ヴァイスシュヴァルツ
・Z/X -ゼクス-
・ChaosTCG
・ヴァンガード

とかをやっています
Twitter始めました

ニコニコ動画では「ボールスP」
として活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。