スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方混沌符カード考察その2

最近ビジュアルアーツのカードが公開されてます。
どうやら結構強そうな感じですね。私はAIRが大好きなので買おうかなと思ってみたり

というわけで、気まぐれ更新による混沌符考察第二回目です

あいかわらず長くなるので続きを読むでドゾー

ブクレシュティの人形師「アリス・マーガトロイド」
レスト1ドローにおまけ効果がついてきました。えーりんとの互換と考えて、エクストラ化を考えないとするならこちらのほうが優秀でしょう。反魂蝶で戻されたくないカードを除外できるので。ただ、えーりんのエクストラ化先がとても優秀なので、どちらを優先させるかは好みだと思います。後述のミスティアや妖夢の存在があるので、エクストラが使いにくくなった現環境でこそ輝くカードだと言えます。


東方妖々夢「魂魄 妖夢」
ぱっと見た瞬間に追加パックの中でいちばん壊れだと思ったカードです。表にしたら直接控え室に送るので、ダメージキャンセルがありません。東方混沌符は今までの環境でエクストラがとても強かったので、それらに対する強力なメタカードとなりえます。しかし、このカードを舞台に出しておくと相手も意識したプレイングをしてくるので、思っていたほど壊れカードというほどではないようです。現環境のゆゆみょんのエクストラ化にどぞー


天衣無縫の亡霊「西行寺 幽々子」
少し思い登場コストのついたカードです。東方は直接ダメージに弱いといわれ、その弱点を軽減してくれる優秀な効果を持ちます。今までの環境でダメージ軽減というとパチュリーと咲夜がいましたが、パチュリーは使い勝手に欠け、咲夜さんはエクストラ化の材料or本追加パックでのレミリアサポートとして使われたため舞台に残りにくいキャラでした。そのためこのカードの使用価値が上がるというわけです。ただ、意外と登場コストが重いため、そこをどのように解決して運用するかが課題となります。たとえばレミリアPTのデッキなら咲夜さんやメディスンをバウンスすることで効果を使いまわしたり、相手が直接ダメージを使ってこないようならエクストラ化の材料にしたり。耐久力の低さもネックであるため、気をつけて使いたいところです。


風神少女「射命丸 文」
フレンド時の効果は自身の能力の低さもあり微妙なのでPT運用前提でしょうか。とりあえず葉団扇をセットすることで相手のPTをほぼ確実にレストさせることができます。その後に突破力の高いフレンドが突撃することによりダメージを与える専用デッキが考えられます。普通のデッキには入らないですね、残念ながら


幽霊楽団「ルナサ」&「メルラン」&「リリカ」
追加パック凶悪カードその2です。旧来からあるドローメタに、なぜかガード1ドローが付いてきました。この1枚で霊夢PTのデッキはほぼ止まってしまいます。霊夢をフレンドにしていたデッキでも強力なドロー制約がつき、かなり厳しい展開を強いられるでしょう。PTとして使って、相手ターンにガードして裏に、自分のターンはドローをするという用法もありますので一考に値するカードであるといえましょう。


もう歌しか聞こえない「ミスティア・ローレライ」
今回の凶悪カードその3です。っていうかこのカードは結構ガチでやばいです。旧来のデッキはエクストラ化を中心に組まれていたので、それを真っ向からメタることのできる恐ろしい効果を持っています。この1枚があるだけで相手はエクストラ化を躊躇せざるをえなくなります。たとえば、終盤でえーてるをレベルアップして舞台を回復させようとしたら博霊弾幕結界を叩き落される、というとわかりやすいでしょうか?この1枚のせいで、今までのデッキは通用しなくなったとも言えるでしょう。今までのエクストラ化メインのデッキを使うなら、このカードへの対策は必須です。


Invisible Full Moon「鈴仙・優曇華院・イナバ」
実に面白い効果を持っています。相手プレイヤーもカードを引くことができてしまいますが、ここで注目して欲しいのは、その効果が強制であるということ。最高で毎ターン相手のデッキが4枚は消えていきます。もちろん自分もドローできるので、その効果を最大限利用したデッキを組みたいところです。たとえば「禁忌レーヴァテイン」や「楽園の最高裁判長「四季映姫・ヤマザナドゥ」」といった、コストパフォーマンスは悪いものの手札を大量に消費することで多大なダメージを叩きだせるカードと組み合わせるといい感じです。


楽園の最高裁判長「四季映姫・ヤマザナドゥ」
とりあえずサイズの大きいキャラとして運用していいでしょう。ATKが10もあるので「銀のナイフ」をセットしてレミ咲&パチュリーを展開するだけで、極凶悪なATKを持ったキャラが並ぶことになります。また、効果のほうに関しても、前述のうどんげと組み合わせることで大きな力を発揮します。ターンあたりの使用回数に制限がないので、パチュリーや咲夜さんを展開して上で3ダメージを連打していくというのが基本の使い方となるでしょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

The Ⅴ

Author:The Ⅴ
大学院1年生です。
趣味はTCGやらTVゲームやら。
TCGは
・ヴァイスシュヴァルツ
・Z/X -ゼクス-
・ChaosTCG
・ヴァンガード

とかをやっています
Twitter始めました

ニコニコ動画では「ボールスP」
として活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。