スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【WS】艦これ発売前カードレビュー【赤色編】

艦これカードレビュー第3弾。
赤色編いきます。
r金剛型戦艦1番艦 金剛

r金剛型戦艦1番艦 金剛改二

金剛型戦艦1番艦 金剛
金剛型戦艦1番艦 金剛改二
レベル3からレベル3へのチェンジを持っています。
両方の効果を最大限生かすことができれば、他の追随を許さない強力無比なカードになります。
一方で、チェンジタイミングがアンコールステップである点に留意が必要です。
リフレッシュが挟まるとチェンジできませんし、助太刀などで返り討ちにあってもチェンジできません。
パワー自体はCX連動で上げることもできますが、握りこむための工夫も欲しいところ。
プレイングはもちろんのこと、ゲートCXで補助をしても良いかもしれません。
詰めの要素を期待して金剛のみを採用する構築も検討されています。
相手をリバースさせると追加でキャラを2枚回収できる能力を活かして、
武蔵、日向改二、榛名といった他の詰めキャラと組み合わせもありかな?

r金剛型戦艦2番艦 比叡

r金剛型戦艦2番艦 比叡改二

金剛型戦艦2番艦 比叡改二
金剛型戦艦1番艦 比叡
3/2から3/3をコストを軽減しつつ出すことができます。
メインフェイズに起動効果で改二を出すため、金剛よりも出しやすいと思います。
しかし、他のキャラ2枚のレストを必要とするため、同時に2枚以上の改二を出すのは難しいかと。
比叡改二はレベル3相手に12500まで上がるため、パワーで負けることが殆どなくなります。
回復が付いていないため、レベル3に上がり次第できるだけ早いタイミングで出したいところ。
採用枚数も控えめになると思われるので、改二を控え室に落とす手段は要確保。
伊8、雷、霧島などが候補に挙がりそうです。

r金剛型戦艦3番艦 榛名

金剛型戦艦3番艦 榛名
今までのcipダメージのキャラと違い、ストックの追加コストなしで1点ダメージを決めることができます。
メインフェイズにダメージを与えるため、アタックフェイズでの調整が効きやすいのも好ポイント。
詰め性能は非常に高いうえにカードの能力もCXに依存しないため、入るデッキを選ばない汎用性。
デッキトップを確認するカードと組み合わせれば、より安定感を増した運用が可能になります。

r金剛型戦艦4番艦 霧島

金剛型戦艦4番艦 霧島
登場時に手札を1枚切ると相手レベル2以下のキャラを除去することができます。
後列も選択可能なので、レベル応援を筆頭に厄介なシステムキャラをどかすことが主目的になるでしょう。
控え室に送りたいキャラを手札から切ることで、金剛や比叡の改二のサポートとして使うこともできます。
山札から3枚を控え室に送る能力を使うことで、上記のような落ちて欲しいカードを落とせる可能性もあります。
控え室を肥やす能力を2種持っているため、それを必要とした採用の価値もあると思います。

r球磨型雷巡3番艦 北上改二

r球磨型雷巡4番艦 大井改二

球磨型雷巡3番艦 北上改二
球磨型雷巡4番艦 大井改二
どちらも同じ能力を持っていて、CX連動で不確定ですが相手にダメージを与えることができます。
ダメージを与えるためには、最低でも《重雷装巡洋艦》のキャラを2枚以上並べる必要があります。
個人的に、数を並べて毎ターンCXを打ちながら、とにかく速攻で勝負を決めるカードだと考えています。
ストックコストがかからないため、レベル2から積極的に効果を使っていくことができます。
後列にも《重雷装巡洋艦》のキャラ並べることで、3~4点のダメージを稼ぎ出せれば上々でしょう。
手札に集める手段として扉CXはもちろんのこと、天龍改による回収も十分候補になりえます。
あるいは毎ターンCXを打つ前提として、別途ゲートCXを採用してもいいかもしれません。

r球磨型軽巡3番艦 北上

r球磨型軽巡4番艦 大井

球磨型軽巡3番艦 北上
球磨型軽巡4番艦 大井
上記の《重雷装艦》に変換できる北上と大井です。
お互い片方の改二が舞台に居る時に、もう片方が改二に変換できるという能力です。
早出しにつかえるわけではありませんが、レベル2以降に5枚目以降の各改二として運用できます。
それぞれの改二は数を並べることが重要なキャラなので、十分に5枚目以降という意味を持つでしょう。
北上改二と大井改二のCX連動に特化したデッキならお呼びがかかるはずです。

r天龍型軽巡1番艦 天龍改

天龍型軽巡1番艦 天龍改
扉CXと連動したキャラ回収能力に加え、自前でパワーが5500になるのは非常に便利。
パワー自体はバニラサイズしかないため、盤面の維持を天龍改だけに頼るのは厳しいです。
また、CX連動を使い続けるとなかなかストックが貯まらなくなってしまいます。
パワーを解決するなら千歳、千歳改二、千代田改二、神通など、ストックを増やすなら龍田といったように、
目的に応じた後列を選択してデッキに入れる必要がありそうです。
艦これには回収メタのキャラが多い点にも注意。

r天龍型軽巡2番艦 龍田

天龍型軽巡2番艦 龍田
マーカーを介したストック増加能力を持っています。
CXと連動すると、毎ターン1枚のストックを増やすことができます。
連動できないと2ターンに1枚のペースですが、対応が扉CXであるため無理なく4枚積めるでしょう。
基本的に後列に居座ることになりますが、龍田だけではパワーのパンプがかけられない点に注意。
単独でもパワーの出る1/1の前列、助太刀、羽黒などと組み合わせると、盤面の維持が楽になります。
特に1/1の夕張はストックを増やす効果ともかみ合わせが良いので採用が検討できます。
後半になっても使い続けるなら、増やしたストックの使い道を考えて構築したいところ。

r長良型軽巡1番艦 長良

長良型軽巡1番艦 長良
比較的緩い条件でパワー7500になります。
レアリティも低いので、1/1のキャラで迷ったらとりあえず長良を入れておけば間違いがありません。
せっかくの1/1なので、できるだけ維持する方向に後列のキャラを選べば盤石になります。

r吹雪型駆逐艦1番艦 吹雪

吹雪型駆逐艦1番艦 吹雪
CXと連動することで、山札の上を確認することができます。
対応がCXの1ドローと自動効果の解決順は自由に選ぶことが可能です。
先に自動効果を解決した場合はチェックしたカードを引くか引かないか選ぶことができ、
先にドローした場合は最初のアタックのトリガーを操作することができます。
特に後者の場合はアタック時に山札を参照するカードと組み合わせることも悪くありません。
それはそれとして、1つ目の効果と合わせることで瞬間的に結構なパワーを出せることも忘れずに。

r吹雪型駆逐艦2番艦 白雪

吹雪型駆逐艦2番艦 白雪
登場時の山札トップの操作がメインの仕事になるでしょう。
艦これでは山札トップを確認する効果が多いため、それらを安定して運用する鍵となってくれます。
レベル0であることから、色を選ばずデッキに投入していける点も重要です。
また、初雪とセットで運用することでレベル0を除去する能力も持っています。
特に最近だと移動キャラの対処に困ることが多いので、狙って発動できれば心強いでしょう。

r吹雪型駆逐艦3番艦 初雪

吹雪型駆逐艦3番艦 初雪
アタック時のデッキトップがCXであった場合、返り討ちにあってしまうほどパワーが下がります。
デッキトップを操作できる吹雪や白雪との相性が良く、特に白雪は専用の連動効果も持っています。
アタックされる分には3500のままなので、レベル0時に壁と割り切って運用するのもありかもしれません。

r吹雪型駆逐艦5番艦 叢雲

吹雪型駆逐艦5番艦 叢雲
「活発なネロ」と同様に、2種類の回収の効果を持っています。
絆先の古鷹がレベル1なので回収してすぐに使えますが、ちょっと特殊な助太刀である点には注意が必要。
ストックを3枚消費して手札を一気に増やすという働きは互換カードと同様であり、
元手となるストックを増やしてくれる龍田との相性も悪くありません。
絆で回収した古鷹を手札アンコールの種と割り切って使うといった運用も考えられます。

rアイテム屋娘

アイテム屋娘
お互いの山札を疑似的にリフレッシュさせることで、リフレッシュのペナルティを回避することができます。
そのため、cip回復を封じてしまう響・ヴェールヌイのセットと合わせて運用してみても面白いです。
山札の圧縮が薄くなったタイミングで使えば誤魔化しも効くので、集中の代わりとして入れるのもアリ。
ただし、イベントであるためアクセス手段がない点に注意して、投入枚数はデッキにより検討すべきでしょう。

最後にCXを4種類
r撃ちます!Fire!!

rそう来なくっちゃな、抜錨だっ!

r私がやっつけちゃうんだから!

r重雷装艦、出撃します!
スポンサーサイト

テーマ : ヴァイスシュヴァルツ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

The Ⅴ

Author:The Ⅴ
大学院1年生です。
趣味はTCGやらTVゲームやら。
TCGは
・ヴァイスシュヴァルツ
・Z/X -ゼクス-
・ChaosTCG
・ヴァンガード

とかをやっています
Twitter始めました

ニコニコ動画では「ボールスP」
として活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。