スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロモーションパックについて

さっき更新したばかりじゃん?いや、そんなの関係ないね!
…とばかりに、一日に3度目の更新という事態に若干ハイになっておりますⅤです。

さて、先日よりヴァンガード公式サイトでプロモーションパック第1弾のカードが公開され始めました。
「ドラゴニック・エクスキューショナー」が公開されたときに皆様はどのように感じられたでしょうか?
やったトニーたけざき先生のイラストだ!
…ではなくて、おそらく皆様こう感じられたと思います。

「これって…普通に強い部類に入るよな…」

実際に私個人の評価としても、エクスキューショナーは強いカードだと思います。
後列に8000を置けばリアガードの時でもパワー20000でアタックすることができ、優秀なグレード3です。
リアガードがパワー20000でアタックできることの強みはもはや説明するまでもないでしょう。

とはいえ、今回はエクスキューショナーについて語ることが本題ではありません。
今回はプロモーションパックそのものについて考察したいと思います。

皆様の中にはこう思った人もいると思います。
「PRカードなのに明らかに強すぎるだろJK…」
確かにPRカードとしてエクスキューショナーは破格の性能です。
更にケロAの画像の解析によると《ロイヤルパラディン》や《オラクルシンクタンク》版の、
「希望の火 エルモ」が収録されるかもしれないとのことです。
もちろんエルモ自体が強力なカードで、私自身も《かげろう》が入っていないデッキにエルモは出張しています。
PRとして収録されたらぜひとも4枚集めたいカードであると言えるでしょう。

ですが、PRカードが強すぎることに反感を持つ方もいらっしゃると思います。
集めにくいPRカードが強すぎると、そのTCGの資産ゲー化を進めてしまいがちです。
新規層が入ってきたときに昔のPRカードが必須となると、大きな世代格差が生まれてしまいます。
ましてヴァンガードは始まったばかりのTCGであり、強すぎるPRカードに先行き不安を感じるのも当然のことです。

ですが、私個人の意見ではヴァンガードのプロモーション戦略はこの程度が丁度いいと思うのです
それはヴァンガードが始まったばかりのTCGゆえということがあります。
「プロモーションカード」が強いことが悪いんじゃありません。
「集めにくいプロモーションカード」が強いことが悪いんです。
例えばTVゲームやCD、DVDについてくるPRカードがこの性能だったら流石に私でも文句を言います。
ですが、コレはあくまでショップ大会参加賞としてのPRカードです。
「ひとつ買えばそれで充分なモノ」についてくるPRカードではなく、
「何度参加してもいいショップ大会」についてくるPRカードなのです。
ヴァンガードは少年向けカードゲームであり、現在アニメでもショップ大会をメインに描写しております。
つまりブシロードはショップ大会への参加を促したいと考えているわけなのですたぶん…
子供たちが大人のようにブースターパックを大量にボックス買いするというのは資産的に難しいでしょう。
その中でショップ大会にでるほどのモチベーションを引き出すにはどうすればいいのでしょうか?
ズバリ、ショップ大会のPRカードを強くすれば良いのです!
ブースターパックを買っても強いカードが出るとは限らないが、PRパックからは実践レベルのカードがでる。
そうと分かれば参加してくれる子供にも大会に参加する目的ができるでしょう。
ヴァンガードが始まったばかりのTCGであるからこそ、メインターゲットの子供たちを引き込むためにPRパックを強く設定して、大会参加へ誘いをかけるべきなのです。

PRカードについて、カード単体の配布ではなくパックを配布するというのも目の付けどころが良いでしょう。
私はWSもやっておりますが、WSは月ごとにショップ大会のPRカードが変わる形式を採用しております。
この形式だと確かに好きなPRカードが配布される月のショップ大会はモチベーションが上がりますが、
他の買ってない作品がPRカードの月だとイマイチ参加する意欲が低くなってしまうのです。
ヴァンガードでもそのような事態が起こりえます。
《ロイヤルパラディン》が配布される月は子供たちに人気だが大友の参加意欲が低くなる。
《オラクルシンクタンク》が配布される月は大友の参加者が増えるが子供たちの参加が少なくなってしまう。
これでは参加する層の世代断裂が起きて、コミュニティが広まらない可能性があります。
その点PRパックの形式なら、何のカードが出るかわからないので両者入り混じった状況が期待できます
おそらくブシロードが狙っているヴァンガードの戦略はそこにあると思うのです。
ヴァンガードをTCGとして広めるためには世代間の交流が絶対に必要であると。たぶん…

先述の通り「集めにくいプロモーションカード」が強いことが問題であるわけですが、
そうなるとPRパックで気になるのはその配布期間と言うことになります。
熱心なカードファイターであれば各種PRカードを4枚ずつ揃えたいと思うことでしょう。
その場合は6種類×4枚ずつ=24枚…のカードが最低限必要となってきます。
ブシロード公式の情報によるとPRパックは6月まで固定で配布される様子。
1週間に2回大会に参加すると2回/週×4週間/月×3ヶ月=24回…となりピタリの回数になるのです。
いや、流石に週2回の参加は厳しいか?と思われる方はコミュニティでのトレードを推奨したい…
というブシロードの思惑があるのかもしれません。

このPRパックの形式で問題があるとすれば、それは大会開催の地域格差です。
東京や大阪、愛知などその近郊では盛り上がりを見せているヴァンガードですが、
地域によっては始まったばかりのTCGということもあり盛り上がり切っていない場所も多いです。
実際に私が地元に帰省した時もカードショップでの盛り上がりはイマイチでした。
その場合、熱心なカードファイターが居たとしても地域によってはPRカードを集めるのが不可能という事態に陥ってしまう可能性が大いにあるのです。
ブシロードも初心者講習会などで各地を巡り地域格差を埋めようとしている姿勢はありますが、
こればかりは労力と時間をかけないと解決できない問題であると言えるでしょう。
地方在住のファイターへの配慮をしないと、結果的にファイター数の減少に繋がる可能性があります

…とまあコレが私のPRパックに対する意見です。
意見と言うか私見ですので、あまり重大に受け止める必要はございません。
ただ、ヴァンガードをこれから盛り上げていくためにもPRカードを有効活用する必要があるなーというわけです。
…え、私ですか?月10回の参加を目標に頑張っていきます(←たぶん無理)
大会などでⅤを見かけましたら、生温かい目で見つめてやってください。
もしよければ声などもお気軽にかけてください。エサは与えないでください…なんて(笑)
スポンサーサイト

テーマ : カードファイト!! ヴァンガード
ジャンル : ゲーム

プロフィール

The Ⅴ

Author:The Ⅴ
大学院1年生です。
趣味はTCGやらTVゲームやら。
TCGは
・ヴァイスシュヴァルツ
・Z/X -ゼクス-
・ChaosTCG
・ヴァンガード

とかをやっています
Twitter始めました

ニコニコ動画では「ボールスP」
として活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。